自分の好きな物事を数えて梅雨を乗り切ろう♪

★【写真】こゆり,音楽,モチベーション

初めまして!ミュージックメイト新入社員のこゆりです。音大を卒業し、現在はWキャリア研修プログラムでお仕事と声楽を両立する日々を送っています!

天気が悪いと気分まで暗くなりがちですよね。それでも天気に関わらず、演奏家である私たちは演奏会の本番で(もちろん本番以外でも…)ベストを尽くしたいですし、演奏だけではなく勉強もお仕事も、モチベーションを保ってコンスタントに良い結果を出していきたいものです。そこで、最近私が関心を持っている考え方についてご紹介したいと思います(*^^*)

 

思考は現実化する!


この言葉をご存知の方はいらっしゃるでしょうか?これは、「いつも自分の考えていることが日々の現実になっている」という考え方です。「声に出したことは現実化する」という「言霊」の考え方は、より強力なものとして広く知られていますよね!たとえばメジャーリーグで活躍するイチロー選手は卒業文集に「将来の夢はプロ野球選手になることです」と書いて、その夢を叶えるために自分が踏んでいくべきステップまで事細かに記していましたし(余談ですが私は野球のルールも知らない幼稚園児の時にイチロー選手の大ファンで、描いた似顔絵を親にせがんで当時イチロー選手の所属していたオリックス球団に郵送してもらったことがあります)、ACミランに移籍した本田選手も、「Wカップで有名になって、セリエAに入団する」とハッキリ宣言していた事は有名です。

 

なりたい姿をイメージすると、行動が変わる


考えるだけで現実化するのならこんなに嬉しいことはない!とはいえ、私自身も「夢は願えば叶う」なんて、かなり胡散臭い…そう思っていましたが、実はもう少し論理的だということを実感する出来事がありました。

昨年の8月、イタリアでの音楽講習会に参加した時のことです。講師の先生はイタリアでオペラの舞台に立っていた方で、受講生への妥協なしの熱いレッスンの中である日私はこのような注意を受けました。

「その発声では、オペラ座の一番後ろの席には届かない!」

私はとても驚いてしまいました。確かに歌が上手くなりたいという思いでイタリアまでレッスンを受けに来たものの、オペラ座で歌うなんて夢のまた夢、あまりのスケールの大きさに想像したこともなかったからです。ですが、先生は受講生の国籍や歌のレベルに関係なく、全員を「将来イタリアで歌うことになるオペラ歌手のみならい」として指導してくれました。それにつられて私も「オペラ座で歌う歌手だったらもっと姿勢良く立つはず、目線はもっと高く、客席の後方を見ているはず…」と意識が変わり、結果以前よりも楽に、良い発声ができるようになりました。「願っているだけで叶う」というわけではなく、なりたい姿を具体的にイメージすれば自ずと行動が変化し、その結果夢を達成する道が開けていくのだな、と感じた瞬間でした。

普段はこの考え方をもっと小さなことに使うように心がけています。「清楚な女性になりた~い!…清楚な女性のカバンの中はこんなにごちゃごちゃしていないはず、整理しよう…」というような感じです。笑

 

大好きなものを数えよう♪


なりたい姿をイメージすると意識が変わって行動も伴う!…そうは思っていても、日常生活の中でマイナスな感情を全く抱かないで過ごす、というのは不可能ですよね。プロのアスリートのように、理想の未来像に向かって寄り道なしに突き進むというのは、なかなか困難です。もちろん私も、やりたいことが上手くいかずに苛立ったり、考えても仕方の無いことを不安に感じて悩んだり…暗い気持ちから抜け出すのに人の手を借りることもあるのですが、そんな時には自分のネガティブな気持ちも受け止めた上で、できるだけ自分の好きな物事を考えることに意識をシフトさせるようにしています。「さっきのレジの人態度が悪くて嫌な感じだった!!でもイライラしていてもつまらないだけだし、私も普段の態度には気をつけよう…それより今買ったプリン食べるの楽しみ☆」…などなど。

思考が現実化しているのなら、楽しいことを考えるのに越したことはありませんよね。

好きなものの事を考えていると、少し心が穏やかになって、きっと1秒後、10秒後の未来にも良い影響を与えていくのだと思います♪

考えるのはタダ!皆さんも是非、自分のなりたい姿や大好きなものを沢山数えて毎日わくわくと過ごしてみてください!

★【画像】こゆりこゆり
声楽専攻で音楽大学に入学。卒業後も、ジャンルに捉われない声楽家になることを目指し、お仕事と演奏活動を両立中。
*好きな作曲家: ドニゼッティ
*好きなこと: 読書、映画や海外ドラマを観ること
*行きたい国: ニュージーランド

 


2015年06月23日 | Posted in BLOG | タグ: No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です