マリンバ×瞑想イベントに参加しました!

★【写真】141109目黒不動尊

11月9日(日)に目黒不動尊にて開催された
「護摩&瞑想イベント with フランソワ・デュボワ~
マリンバの響きで心と頭をデトックス~」に参加してきました!

今年の9月17日にリリースされた瞑想用CD「Dive into silence/フランソワ・デュボワ」のリリース記念に、日本コロムビアの女子クラ部さんが主催されたイベントです。

まず、イベントの前半は、目黒不動尊 滝口執事長による境内案内・参拝から始まりました。
独鈷の滝の水かけ不動尊から参拝して、本堂の不動尊像や干支守り本尊についてご説明。
※目黒不動尊には、それぞれの干支にちなんで、8体の仏像(干支守り本尊)があります。(仏像によっては、複数の干支に関係しているので、12体ではないのですが。)

ちなみに、私は兎年なのですが、兎年の守り本尊は文殊菩薩。右手に剣、左手に経巻を持ち、獅子の上にまたがっていました。
「三人寄れば文殊の知恵」でお馴染みの文殊菩薩は、釈迦の弟子の中で郡を抜いて優秀だったそうで、参拝すると知恵や天変地異にご利益があるとか。

そして護摩に参加した後は、いよいよデュボワ氏による瞑想インストラクション。

瞑想は、一言でいえば、心のメンテナンスです。
情報過多のこの時代、私たちはたくさんの出来事や雑念に埋もれ、心はパンパン状態です。
そのパンパンな状態を改善するために、瞑想がとても効果的だそう。

瞑想前に、簡単に体を伸ばし、呼吸を整えたあとで瞑想スタート。

そこで使用したのが、デュボワ氏の瞑想用CD「Dive into silence」。
このCDには、実際に目黒不動尊の観音堂で録音された、デュボワ氏が奏でるマリンバの曲が収録されています。

ポーン、ポーーンと心地よく響くマリンバの音に集中していると、
たしかに、自分の心が鎮まり、頭の中が静寂になっていくのを感じました。
実際に、音には「心を鎮める」効果があるそうですよ。

この「瞑想」を続けることで、
・集中力が高まる
・心身の健康が保たれる
・周りの出来事に惑わされなくなる

・・・などの効用があるとのこと。

演奏や試験の前など、過度の緊張を緩和したいときに役立ちそうですね!

音楽活動における心のメンテナンスや、日本人としてのアイデンティティーを考える上でも、
お寺めぐりや瞑想は大変興味深い分野でした。

皆さまも、ご興味あれば是非いかがですか?^^


2014年11月10日 | Posted in BLOG | タグ: , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です